査定に出す車の買取金額を可能な限り大きくするには、、中古車を売る時期タイミングなども影響してきます。自ら店先まで車を運転して見積もりをすることなくサイトで自動車買取店で中古車の査定依頼をすれば短い時間で売却相場額の概算を算出することができますが、所有する中古車をちょっとでもお得に売ることを考慮すれば少なからず気を付けるべきことがあるんです。どのようなものがあるかと言えば、まず、走行距離です。通常走行距離は、自動車の耐用年数とされることもありますのでその車の走行距離が長い分だけ査定の際にはマイナス面とされます。どの程度の走行距離で売却するのがよいかというと、自動車の査定額に影響が出るラインは5万キロという説が有力ですから、50000kmを超える以前に見積もりをお願いして処分するのがよいと思います。このことは実際、マイカーを自動車専門店に売却に出す際も重要視される買取査定の大きな注意点です。現実にやると感じられると思いますが、車は適時走らせることによっても状態を維持しますから、あまりにも距離を走っていない車の場合、故障しやすいと見られることもあります。普通は年式については新しい方が査定では優位なのですが稀にですがその年式にプレミアが付いている車は、古い年式でも高値で査定される場合もあります。同様の車種で同様の年式であってもその年にマイナーチェンジやモデルチェンジなどがされている車はもちろんその場合次第で見積額は変わってきます。十分に把握してるといった方も多数だと思っていますが、年式も、自動車の買取査定の大切なポイントなのです。